^Back To Top  トップに戻る

  
  

川瀬巴水

川瀬 巴水(かわせ はすい、1883年(明治16年)5月18日 ~ 1957年(昭和32年)11月7日)

新版画を代表する大正・昭和期の絵師。本名は川瀬 文治郎、雅号の「巴水」として世界的に有名です。
1883年5月18日東京芝区に生まれ、幼きころから絵心があり、画家を志し日本画を学び、27歳で鏑木清方に入門して「巴水」の雅号を与えられ、最初の作品は1912年の巽画会に出展されました。
しかし彼の画家としての才は、日本画・洋画では芽生えず、伊東深水の木版画「近江八景」に影響を受けて木版画絵師へと転向しました。近江八景の版元でもあった渡邊庄三郎(渡邊木版美術画舗)は彼の才を見抜き、渡邊木版を版元として、巴水による塩原の風景画が3点、木版画として1918年に出版されました。
それが好評を得たことから、その後いくつものシリーズ木版画が巴水を絵師として生み出されました。 1920年「旅みやげ第一集」、1921年「東京十二題」、「旅みやげ第二集」(28作品)、「東京十二題」など。
1922年より12作品で構成する「日本風景選集」を手がけ、11作品めを制作中の1923年9月1日、関東大震災によって巴水は描きためたスケッチを失い、渡邊庄三郎はほとんどの版木・版画を失ってしまいました。一時失意の底に沈んだものの、再起を果たすため渡邊庄三郎の勧めもあり、巴水は写生旅行に出発しました。10月23日から翌年の2月2日まで、北陸・山陰・山陽などを巡る103日間の生涯最大の旅行となりましたが、その結果として「旅みやげ第三集」が生まれました。
その後も、彼が亡くなる1957年11月7日まで積極的に木版画作成の作画活動を続けました。
近年、世界のコレクターによって、巴水が偉大な芸術家であったとの認識が高められており、スティーブ・ジョブズ(1955-2011: Appleコンピューター旧CEO)も、巴水のヘビーコレクターであったことは有名です。

 

錦帯橋の春宵  27,800 円 (税込)

SIZE : W 24.0 / H 37.3 (cm)

昭和22年(1947)作画
錦帯橋は日本三名橋と呼ばれ、1922年に「名勝」として指定された。
下を流れる清流錦川と桜に埋もれた風情に感銘を受けたのであろうか、春の美しい夕刻となっている。
終戦後まもない本作品は、日本を訪れた外国人にとって、彼らの理想とする日本そのものであったことだろう。

五浦の月(茨城) 27,800 円 (税込)

SIZE : W 36.5 / H 24.2 (cm)

昭和27年(1952)作画
この建物は五浦六角堂と言われ、1905年に岡倉天心が自ら設計したもので、天心が読書と思索にふけった場所といわれています。2011年3月11日、東日本大震災に伴う津波の直撃を受け、消失しましたが、翌年には再建されました。その消失前の六角堂を画材とした貴重な作品となります。

吾妻峡  27,800 円 (税込)

SIZE : W 24.5 / H 36.0 (cm)

昭和18年(1943)作画
吾妻峡は、群馬県吾妻町から上流へ向かい長野原町川原湯入ツ場大橋まで約4キロ続く吾妻川の渓谷です。
両岸にはカエデ、コナラ、ケヤキ等の落葉樹がよく茂り、春は若葉の間にツツジが咲き、秋には紅葉が目を楽しませます。荒々しい峡谷とそれを覆う美しい紅葉とのコントラストが生える作品です。

池上本門寺の塔  27,800 円 (税込)

SIZE : W 36.0 / H 24.5 (cm)

昭和29年(1954)作画
池上本門寺の五重塔は、関東地方では現存する最古(1607年建立)で最大の五重塔です。
巴水の親友で兄弟子の伊東深水が池上本門寺に住んでいたこともあり、巴水にはとても馴染みのある場所です。それ故、本門寺を何度も作品に取り上げ、その五重塔の作品も他にもありますが、これは月明かりの五重塔を描いています。

芝弁天池  27,800 円 (税込)

SIZE (約) : W 36 / H 24 (cm)

昭和4年(1929)作画
弁天池は、東京・芝の増上寺の裏手にある宝珠院に隣接している池です。
一面の蓮の花より他の作品では感じられないような雰囲気が伝わります。

 

春の夕(上野東照宮)

 27,800 円 (税込)

SIZE : W 24.0 / H 36.2 (cm)

昭和23年(1948)作画
この五重塔はもともと上野東照宮の一部として建てられましたが、明治になってから神仏分離令により寛永寺の所属となり、現在では上野公園の管理下にあります。
関東大震災や第二次世界大戦でも消失を免れ、巴水は戦後間もない時期にこれを描きました。

 

社頭の雪(井の頭弁天)  27,800 円 (税込)

SIZE : W 36.0 / H 24.0 (cm)

昭和4年(1929)作画
社頭とは社殿の前、神社の付近を意味します。題名からして、井の頭公園のようですが、昭和4年当時、弁天様が祀られていたかは定かではありません。巴水が得意とする雪に赤い社殿を配置した、絵になる構図となっております。

 

塩原の秋(天狗岩の下)

 27,800 円 (税込)

SIZE : W 24.5/ H 36.4 (cm)

昭和25年(1950)作画
黒ずんだ巨大な岩をはさんで、碧潭の飛流と、全山の紅葉の描写に見るべきものがあります。

 

大和壺坂寺  27,800 円 (税込)

SIZE : W 24.5 / H 36.0 (cm)

昭和25年(1950)作画
1875年ごろに書かれた浄瑠璃『観音霊場記』で有名な壺坂寺。観音の霊験により奇跡が起こり、夫婦を死から救ったとされます。この作品では、霊験にゆかりありそうな人が参詣する楼門内より、夕月かかる山林を描写しています。

 

 

平泉金色堂

舟津の秋

塩原 畑下

日本橋(夜明け)

松島双子島

雪の向島

清水寺の暮雪

奈良春日神社

池上本門寺

明治神宮菖蒲園

時雨のあと(京都南禅寺)

上野東照宮(の雪)

忍野の富士

日光神橋の雪

神戸長田神社八雲橋

潮来の夕

厳島之雪

上野清水堂の雪

雨の牛堀

こま形河岸

松山城名月

品川

雪の増上寺

勿来の夕

相州前川の雨

   

 

言語/Language

ショップカート

カートは空です

ログイン

初めての方へのご利用ガイド

日本の商品が海外からも買える!日本郵便通販サイトリンク集

IWCS

World Wood Day